話芸

話芸 смотреть последние обновления за сегодня на .

日本の話芸

10156
27
2
00:22:10
27.09.2016

説明 元日のテレビ番組より編集しました。

『スーパー話芸する奴』ジャルジャルのネタのタネ【JARUJARUTOWER】

73000
1483
262
00:02:21
24.01.2019

このチャンネルはジャルジャルの公式チャンネルです! 日々の活動をドンドンUPしていきます!! ジャルジャルがネタ帳に書き留めたネタになる前のアイデアを『ネタのタネ』として公式HP用に撮影! 8000本をHPとYouTubeで毎日更新しています! ぜひチャンネル登録してご覧ください!! 【ジャルジャル公式HP】🤍 【ジャルジャル公式LINE】🤍 【ジャルジャルTwitter】🤍

第7回関西演芸しゃべくり話芸大賞 #2 見取り図

1006585
5896
246
00:08:12
31.10.2018

道頓堀リバーフェスティバル 第7回関西演芸しゃべくり話芸大賞 優勝決定戦 #2 見取り図

新ニッポンの話芸 ポッドキャスト 第536回 【立川流新年会】

953
25
0
00:24:54
26.01.2023

立川こしら(たてかわ こしら) 1975年生まれ 千葉県出身 1996年5月立川志らくに入門「らく平」 2002年5月二つ目昇進「こしら」 2012年12月真打昇進 落語立川流の落語家として、談志の孫弟子初の真打となる。 落語家らしからぬ見た目と行動力で「立川流の異端児」の異名をとるが、独自の道を開拓し、観客に楽しい落語を提供することに徹底している。アナログからデジタルまで使いこなすマルチクリエイター。WEB製作をおこなう合同会社第プロの設立、ラジオDJの経験、無農薬農業など多角的に活躍。エイベックスよりCDを発売中。「高速落語 R-30(Vol.1〜3)」「真打昇進記念版 高速落語 大ネタ十(じゅう)」「死神」 鈴々舎馬るこ(れいれいしゃ まるこ) 1980年生まれ 山口県出身 2003年5月鈴々舎馬風に入門「馬るこ」 2006年5月二つ目昇進 2017年3月真打昇進 落語協会所属。「落語初心者も落語マニアも大爆笑」をモットーに、"エンターテイメント"として楽しい落語を貪欲に追及する。新作・古典どちらも取り組み、アグレッシブな演目もあるが、確かな技術に裏打ちされた高座は常に成長を続けている。BS日テレ「笑点特大号」若手大喜利、文化放送ラジオ「くにまるジャパン」レギュラー。2010年「さがみはら若手落語家選手権」優勝、2013年「NHK新人演芸大賞」&「読売杯争奪二つ目バトル」優勝。 新ニッポンの話芸ポッドキャストを提案した張本人。安定したMCぶりを発揮している。 三遊亭萬橘 (さんゆうてい まんきつ) 1979年生まれ 愛知県出身 2003年7月三遊亭圓橘に入門「橘つき」 2006年10月二つ目昇進「きつつき」 2013年3月真打昇進4代目「萬橘」襲名 五代目圓楽一門会に所属。円楽党のホープとも称される抜群の実力派。論理的に落語を分析し、独自の演出を加えた高座は奇をてらうことなく、それでいて爆笑を誘う。ポッドキャストであつい議論を展開することも。2007年3月「さがみはら若手落語家選手権」優勝 2014年から3年連続で国立演芸場花形演芸大賞(金賞)、2016年彩の国落語大賞ほか受賞多数。 広瀬和生(ひろせ かずお) 1960年生まれ。埼玉県出身。 へヴィーメタル雑誌「BURRN!」編集長 年に300席以上の高座に接し、現在進行形の「今の落語」の魅力を語る第一人者として知られる。2008年『この落語家を聴け!いま、観ておきたい噺家51人』(アスペクト)を皮切りに、『噺家のはなし』(小学館)『現代落語の基礎知識』(集英社)など、落語に関する著書多数。2012年よりライブ盤「この落語家を聴け!」公演を北沢タウンホールで行いインタビューをまとめたものが『落語家という生き方』(講談社)として書籍化した。プロデュース興行も多数。近著に『噺は生きている 名作落語進化論』(毎日新聞出版)など。

日本の話芸

739
1
0
00:00:29
25.01.2022

『スーパー話芸の奴の楽屋に来る奴』ジャルジャルのネタのタネ【JARUJARUTOWER】

58480
1168
191
00:01:51
25.01.2019

このチャンネルはジャルジャルの公式チャンネルです! 日々の活動をドンドンUPしていきます!! ジャルジャルがネタ帳に書き留めたネタになる前のアイデアを『ネタのタネ』として公式HP用に撮影! 8000本をHPとYouTubeで毎日更新しています! ぜひチャンネル登録してご覧ください!! 【ジャルジャル公式HP】🤍 【ジャルジャル公式LINE】🤍 【ジャルジャルTwitter】🤍

オカリナ 宗次郎 / フレンズ FRIENDS - SOJIRO - NHK日本の話芸テーマ曲

103752
163
6
00:04:02
21.02.2011

グローリー・幸福 / 宗次郎 これを聴かずしてオカリナ奏者・宗次郎は語れない!宗次郎デビュー作 透んだ空気をわたってきた音色が、あなたの心をとらえて放さない オカリナとストリングスが奏でる至極のアコースティック・ヒーリング  1.CALM HAPPINESS  2.SPRING CLOUDS  3.PATH OF THE COUNTRY  4.BIRD'S SONGS  5.FRIENDS  6.SIDE OF A FOUNTAIN  7.FOR A LITTLE CHILDREN  8.POEM IN THE EVENING Produced by TAKA NANRI Associate Produced by MOKO NANRI Recorded at Sound Design Studio Publishing : Sound Design Music Inc iTunes : 🤍 <宗次郎/オカリナ奏者 プロフィール Profile> オカリナ奏者・故火山久に弟子入りし、オカリナ製作と演奏を学ぶ。 同じオカリナ奏者で兄弟子でもある寿和とともに火山氏のグループ「クレイトーンアンサンブル」に参加、全国を演奏して回り、製作したオカリナを販売していた。その後グループを離れ、シンセサイザー奏者・喜多郎のプロデューサーであるTAKA NANRIに見出されアーティストとしてデビュー。NANRI氏のプロデュースのもとでセカンド・アルバムがNHKドキュメント「大黄河」のサウンドトラックとしてリリースされ、オカリナ奏者「宗次郎」の名が世に知られるきっかけとなった。その後、NHK「ゆく年くる年」、テレビ朝日ニュースステーション「こころと感動の旅」など数多くのテーマ曲やサウンドトラックを手がけている。 ★このコンテンツ(画像・動画・音声)の権利はSound Design Music Incが有しています。Sound Design Music Incの許可無く複製したり、アップロードすることを禁じます★ Sound Design Music Inc. 🤍

話芸・笑芸・当たり芸

106
0
1
01:05:02
15.09.2021

ゲスト:爆笑問題、神田茜、立川志らく #NHK第一

新ニッポンの話芸 ポッドキャスト 第262回 【落語の魅力】

3086
21
0
00:37:23
26.10.2017

立川こしら(たてかわ こしら) 1975年生まれ 千葉県出身 1996年5月立川志らくに入門「らく平」 2002年5月二つ目昇進「こしら」 2012年12月真打昇進 落語立川流の落語家として、談志の孫弟子初の真打となる。 落語家らしからぬ見た目と行動力で「立川流の異端児」の異名をとるが、独自の道を開拓し、観客に楽しい落語を提供することに徹底している。アナログからデジタルまで使いこなすマルチクリエイター。WEB製作をおこなう合同会社第プロの設立、ラジオDJの経験、無農薬農業など多角的に活躍。エイベックスよりCDを発売中。「高速落語 R-30(Vol.1〜3)」「真打昇進記念版 高速落語 大ネタ十(じゅう)」「死神」 鈴々舎馬るこ(れいれいしゃ まるこ) 1980年生まれ 山口県出身 2003年5月鈴々舎馬風に入門「馬るこ」 2006年5月二つ目昇進 2017年3月真打昇進 落語協会所属。「落語初心者も落語マニアも大爆笑」をモットーに、"エンターテイメント"として楽しい落語を貪欲に追及する。新作・古典どちらも取り組み、アグレッシブな演目もあるが、確かな技術に裏打ちされた高座は常に成長を続けている。BS日テレ「笑点特大号」若手大喜利、文化放送ラジオ「くにまるジャパン」レギュラー。2010年「さがみはら若手落語家選手権」優勝、2013年「NHK新人演芸大賞」&「読売杯争奪二つ目バトル」優勝。 新ニッポンの話芸ポッドキャストを提案した張本人。安定したMCぶりを発揮している。 三遊亭萬橘 (さんゆうてい まんきつ) 1979年生まれ 愛知県出身 2003年7月三遊亭圓橘に入門「橘つき」 2006年10月二つ目昇進「きつつき」 2013年3月真打昇進4代目「萬橘」襲名 五代目圓楽一門会に所属。円楽党のホープとも称される抜群の実力派。論理的に落語を分析し、独自の演出を加えた高座は奇をてらうことなく、それでいて爆笑を誘う。ポッドキャストであつい議論を展開することも。2007年3月「さがみはら若手落語家選手権」優勝 2014年から3年連続で国立演芸場花形演芸大賞(金賞)、2016年彩の国落語大賞ほか受賞多数。 広瀬和生(ひろせ かずお) 1960年生まれ。埼玉県出身。 へヴィーメタル雑誌「BURRN!」編集長 年に300席以上の高座に接し、現在進行形の「今の落語」の魅力を語る第一人者として知られる。2008年『この落語家を聴け!いま、観ておきたい噺家51人』(アスペクト)を皮切りに、『噺家のはなし』(小学館)『現代落語の基礎知識』(集英社)など、落語に関する著書多数。2012年よりライブ盤「この落語家を聴け!」公演を北沢タウンホールで行いインタビューをまとめたものが『落語家という生き方』(講談社)として書籍化した。プロデュース興行も多数。近著に『噺は生きている 名作落語進化論』(毎日新聞出版)など。

新ニッポンの話芸 ポッドキャスト 第504回 【馬るこ師匠 笑点 人気若手落語家対抗大喜利出演】

2044
29
0
00:27:51
16.06.2022

立川こしら(たてかわ こしら) 1975年生まれ 千葉県出身 1996年5月立川志らくに入門「らく平」 2002年5月二つ目昇進「こしら」 2012年12月真打昇進 落語立川流の落語家として、談志の孫弟子初の真打となる。 落語家らしからぬ見た目と行動力で「立川流の異端児」の異名をとるが、独自の道を開拓し、観客に楽しい落語を提供することに徹底している。アナログからデジタルまで使いこなすマルチクリエイター。WEB製作をおこなう合同会社第プロの設立、ラジオDJの経験、無農薬農業など多角的に活躍。エイベックスよりCDを発売中。「高速落語 R-30(Vol.1〜3)」「真打昇進記念版 高速落語 大ネタ十(じゅう)」「死神」 鈴々舎馬るこ(れいれいしゃ まるこ) 1980年生まれ 山口県出身 2003年5月鈴々舎馬風に入門「馬るこ」 2006年5月二つ目昇進 2017年3月真打昇進 落語協会所属。「落語初心者も落語マニアも大爆笑」をモットーに、"エンターテイメント"として楽しい落語を貪欲に追及する。新作・古典どちらも取り組み、アグレッシブな演目もあるが、確かな技術に裏打ちされた高座は常に成長を続けている。BS日テレ「笑点特大号」若手大喜利、文化放送ラジオ「くにまるジャパン」レギュラー。2010年「さがみはら若手落語家選手権」優勝、2013年「NHK新人演芸大賞」&「読売杯争奪二つ目バトル」優勝。 新ニッポンの話芸ポッドキャストを提案した張本人。安定したMCぶりを発揮している。 三遊亭萬橘 (さんゆうてい まんきつ) 1979年生まれ 愛知県出身 2003年7月三遊亭圓橘に入門「橘つき」 2006年10月二つ目昇進「きつつき」 2013年3月真打昇進4代目「萬橘」襲名 五代目圓楽一門会に所属。円楽党のホープとも称される抜群の実力派。論理的に落語を分析し、独自の演出を加えた高座は奇をてらうことなく、それでいて爆笑を誘う。ポッドキャストであつい議論を展開することも。2007年3月「さがみはら若手落語家選手権」優勝 2014年から3年連続で国立演芸場花形演芸大賞(金賞)、2016年彩の国落語大賞ほか受賞多数。 広瀬和生(ひろせ かずお) 1960年生まれ。埼玉県出身。 へヴィーメタル雑誌「BURRN!」編集長 年に300席以上の高座に接し、現在進行形の「今の落語」の魅力を語る第一人者として知られる。2008年『この落語家を聴け!いま、観ておきたい噺家51人』(アスペクト)を皮切りに、『噺家のはなし』(小学館)『現代落語の基礎知識』(集英社)など、落語に関する著書多数。2012年よりライブ盤「この落語家を聴け!」公演を北沢タウンホールで行いインタビューをまとめたものが『落語家という生き方』(講談社)として書籍化した。プロデュース興行も多数。近著に『噺は生きている 名作落語進化論』(毎日新聞出版)など。

新ニッポンの話芸 ポッドキャスト 第458回 【こしらさん近況】

1502
22
0
00:32:53
29.07.2021

立川こしら(たてかわ こしら) 1975年生まれ 千葉県出身 1996年5月立川志らくに入門「らく平」 2002年5月二つ目昇進「こしら」 2012年12月真打昇進 落語立川流の落語家として、談志の孫弟子初の真打となる。 落語家らしからぬ見た目と行動力で「立川流の異端児」の異名をとるが、独自の道を開拓し、観客に楽しい落語を提供することに徹底している。アナログからデジタルまで使いこなすマルチクリエイター。WEB製作をおこなう合同会社第プロの設立、ラジオDJの経験、無農薬農業など多角的に活躍。エイベックスよりCDを発売中。「高速落語 R-30(Vol.1〜3)」「真打昇進記念版 高速落語 大ネタ十(じゅう)」「死神」 鈴々舎馬るこ(れいれいしゃ まるこ) 1980年生まれ 山口県出身 2003年5月鈴々舎馬風に入門「馬るこ」 2006年5月二つ目昇進 2017年3月真打昇進 落語協会所属。「落語初心者も落語マニアも大爆笑」をモットーに、"エンターテイメント"として楽しい落語を貪欲に追及する。新作・古典どちらも取り組み、アグレッシブな演目もあるが、確かな技術に裏打ちされた高座は常に成長を続けている。BS日テレ「笑点特大号」若手大喜利、文化放送ラジオ「くにまるジャパン」レギュラー。2010年「さがみはら若手落語家選手権」優勝、2013年「NHK新人演芸大賞」&「読売杯争奪二つ目バトル」優勝。 新ニッポンの話芸ポッドキャストを提案した張本人。安定したMCぶりを発揮している。 三遊亭萬橘 (さんゆうてい まんきつ) 1979年生まれ 愛知県出身 2003年7月三遊亭圓橘に入門「橘つき」 2006年10月二つ目昇進「きつつき」 2013年3月真打昇進4代目「萬橘」襲名 五代目圓楽一門会に所属。円楽党のホープとも称される抜群の実力派。論理的に落語を分析し、独自の演出を加えた高座は奇をてらうことなく、それでいて爆笑を誘う。ポッドキャストであつい議論を展開することも。2007年3月「さがみはら若手落語家選手権」優勝 2014年から3年連続で国立演芸場花形演芸大賞(金賞)、2016年彩の国落語大賞ほか受賞多数。 広瀬和生(ひろせ かずお) 1960年生まれ。埼玉県出身。 へヴィーメタル雑誌「BURRN!」編集長 年に300席以上の高座に接し、現在進行形の「今の落語」の魅力を語る第一人者として知られる。2008年『この落語家を聴け!いま、観ておきたい噺家51人』(アスペクト)を皮切りに、『噺家のはなし』(小学館)『現代落語の基礎知識』(集英社)など、落語に関する著書多数。2012年よりライブ盤「この落語家を聴け!」公演を北沢タウンホールで行いインタビューをまとめたものが『落語家という生き方』(講談社)として書籍化した。プロデュース興行も多数。近著に『噺は生きている 名作落語進化論』(毎日新聞出版)など。

新ニッポンの話芸 ポッドキャスト 第281回 【落語家の襲名事情-2】

4174
24
0
00:35:38
08.03.2018

立川こしら(たてかわ こしら) 1975年生まれ 千葉県出身 1996年5月立川志らくに入門「らく平」 2002年5月二つ目昇進「こしら」 2012年12月真打昇進 落語立川流の落語家として、談志の孫弟子初の真打となる。 落語家らしからぬ見た目と行動力で「立川流の異端児」の異名をとるが、独自の道を開拓し、観客に楽しい落語を提供することに徹底している。アナログからデジタルまで使いこなすマルチクリエイター。WEB製作をおこなう合同会社第プロの設立、ラジオDJの経験、無農薬農業など多角的に活躍。エイベックスよりCDを発売中。「高速落語 R-30(Vol.1〜3)」「真打昇進記念版 高速落語 大ネタ十(じゅう)」「死神」 鈴々舎馬るこ(れいれいしゃ まるこ) 1980年生まれ 山口県出身 2003年5月鈴々舎馬風に入門「馬るこ」 2006年5月二つ目昇進 2017年3月真打昇進 落語協会所属。「落語初心者も落語マニアも大爆笑」をモットーに、"エンターテイメント"として楽しい落語を貪欲に追及する。新作・古典どちらも取り組み、アグレッシブな演目もあるが、確かな技術に裏打ちされた高座は常に成長を続けている。BS日テレ「笑点特大号」若手大喜利、文化放送ラジオ「くにまるジャパン」レギュラー。2010年「さがみはら若手落語家選手権」優勝、2013年「NHK新人演芸大賞」&「読売杯争奪二つ目バトル」優勝。 新ニッポンの話芸ポッドキャストを提案した張本人。安定したMCぶりを発揮している。 三遊亭萬橘 (さんゆうてい まんきつ) 1979年生まれ 愛知県出身 2003年7月三遊亭圓橘に入門「橘つき」 2006年10月二つ目昇進「きつつき」 2013年3月真打昇進4代目「萬橘」襲名 五代目圓楽一門会に所属。円楽党のホープとも称される抜群の実力派。論理的に落語を分析し、独自の演出を加えた高座は奇をてらうことなく、それでいて爆笑を誘う。ポッドキャストであつい議論を展開することも。2007年3月「さがみはら若手落語家選手権」優勝 2014年から3年連続で国立演芸場花形演芸大賞(金賞)、2016年彩の国落語大賞ほか受賞多数。 広瀬和生(ひろせ かずお) 1960年生まれ。埼玉県出身。 へヴィーメタル雑誌「BURRN!」編集長 年に300席以上の高座に接し、現在進行形の「今の落語」の魅力を語る第一人者として知られる。2008年『この落語家を聴け!いま、観ておきたい噺家51人』(アスペクト)を皮切りに、『噺家のはなし』(小学館)『現代落語の基礎知識』(集英社)など、落語に関する著書多数。2012年よりライブ盤「この落語家を聴け!」公演を北沢タウンホールで行いインタビューをまとめたものが『落語家という生き方』(講談社)として書籍化した。プロデュース興行も多数。近著に『噺は生きている 名作落語進化論』(毎日新聞出版)など。

新ニッポンの話芸 ポッドキャスト 第229回 【真打披露目の番頭】

2869
14
0
00:42:56
09.03.2017

立川こしら(たてかわ こしら) 1975年生まれ 千葉県出身 1996年5月立川志らくに入門「らく平」 2002年5月二つ目昇進「こしら」 2012年12月真打昇進 落語立川流の落語家として、談志の孫弟子初の真打となる。 落語家らしからぬ見た目と行動力で「立川流の異端児」の異名をとるが、独自の道を開拓し、観客に楽しい落語を提供することに徹底している。アナログからデジタルまで使いこなすマルチクリエイター。WEB製作をおこなう合同会社第プロの設立、ラジオDJの経験、無農薬農業など多角的に活躍。エイベックスよりCDを発売中。「高速落語 R-30(Vol.1〜3)」「真打昇進記念版 高速落語 大ネタ十(じゅう)」「死神」 鈴々舎馬るこ(れいれいしゃ まるこ) 1980年生まれ 山口県出身 2003年5月鈴々舎馬風に入門「馬るこ」 2006年5月二つ目昇進 2017年3月真打昇進 落語協会所属。「落語初心者も落語マニアも大爆笑」をモットーに、"エンターテイメント"として楽しい落語を貪欲に追及する。新作・古典どちらも取り組み、アグレッシブな演目もあるが、確かな技術に裏打ちされた高座は常に成長を続けている。BS日テレ「笑点特大号」若手大喜利、文化放送ラジオ「くにまるジャパン」レギュラー。2010年「さがみはら若手落語家選手権」優勝、2013年「NHK新人演芸大賞」&「読売杯争奪二つ目バトル」優勝。 新ニッポンの話芸ポッドキャストを提案した張本人。安定したMCぶりを発揮している。 三遊亭萬橘 (さんゆうてい まんきつ) 1979年生まれ 愛知県出身 2003年7月三遊亭圓橘に入門「橘つき」 2006年10月二つ目昇進「きつつき」 2013年3月真打昇進4代目「萬橘」襲名 五代目圓楽一門会に所属。円楽党のホープとも称される抜群の実力派。論理的に落語を分析し、独自の演出を加えた高座は奇をてらうことなく、それでいて爆笑を誘う。ポッドキャストであつい議論を展開することも。2007年3月「さがみはら若手落語家選手権」優勝 2014年から3年連続で国立演芸場花形演芸大賞(金賞)、2016年彩の国落語大賞ほか受賞多数。 広瀬和生(ひろせ かずお) 1960年生まれ。埼玉県出身。 へヴィーメタル雑誌「BURRN!」編集長 年に300席以上の高座に接し、現在進行形の「今の落語」の魅力を語る第一人者として知られる。2008年『この落語家を聴け!いま、観ておきたい噺家51人』(アスペクト)を皮切りに、『噺家のはなし』(小学館)『現代落語の基礎知識』(集英社)など、落語に関する著書多数。2012年よりライブ盤「この落語家を聴け!」公演を北沢タウンホールで行いインタビューをまとめたものが『落語家という生き方』(講談社)として書籍化した。プロデュース興行も多数。近著に『噺は生きている 名作落語進化論』(毎日新聞出版)など。

新ニッポンの話芸 ポッドキャスト 第225回 【馬るこさん真打披露準備】

2164
11
0
00:40:30
09.02.2017

立川こしら(たてかわ こしら) 1975年生まれ 千葉県出身 1996年5月立川志らくに入門「らく平」 2002年5月二つ目昇進「こしら」 2012年12月真打昇進 落語立川流の落語家として、談志の孫弟子初の真打となる。 落語家らしからぬ見た目と行動力で「立川流の異端児」の異名をとるが、独自の道を開拓し、観客に楽しい落語を提供することに徹底している。アナログからデジタルまで使いこなすマルチクリエイター。WEB製作をおこなう合同会社第プロの設立、ラジオDJの経験、無農薬農業など多角的に活躍。エイベックスよりCDを発売中。「高速落語 R-30(Vol.1〜3)」「真打昇進記念版 高速落語 大ネタ十(じゅう)」「死神」 鈴々舎馬るこ(れいれいしゃ まるこ) 1980年生まれ 山口県出身 2003年5月鈴々舎馬風に入門「馬るこ」 2006年5月二つ目昇進 2017年3月真打昇進 落語協会所属。「落語初心者も落語マニアも大爆笑」をモットーに、"エンターテイメント"として楽しい落語を貪欲に追及する。新作・古典どちらも取り組み、アグレッシブな演目もあるが、確かな技術に裏打ちされた高座は常に成長を続けている。BS日テレ「笑点特大号」若手大喜利、文化放送ラジオ「くにまるジャパン」レギュラー。2010年「さがみはら若手落語家選手権」優勝、2013年「NHK新人演芸大賞」&「読売杯争奪二つ目バトル」優勝。 新ニッポンの話芸ポッドキャストを提案した張本人。安定したMCぶりを発揮している。 三遊亭萬橘 (さんゆうてい まんきつ) 1979年生まれ 愛知県出身 2003年7月三遊亭圓橘に入門「橘つき」 2006年10月二つ目昇進「きつつき」 2013年3月真打昇進4代目「萬橘」襲名 五代目圓楽一門会に所属。円楽党のホープとも称される抜群の実力派。論理的に落語を分析し、独自の演出を加えた高座は奇をてらうことなく、それでいて爆笑を誘う。ポッドキャストであつい議論を展開することも。2007年3月「さがみはら若手落語家選手権」優勝 2014年から3年連続で国立演芸場花形演芸大賞(金賞)、2016年彩の国落語大賞ほか受賞多数。 広瀬和生(ひろせ かずお) 1960年生まれ。埼玉県出身。 へヴィーメタル雑誌「BURRN!」編集長 年に300席以上の高座に接し、現在進行形の「今の落語」の魅力を語る第一人者として知られる。2008年『この落語家を聴け!いま、観ておきたい噺家51人』(アスペクト)を皮切りに、『噺家のはなし』(小学館)『現代落語の基礎知識』(集英社)など、落語に関する著書多数。2012年よりライブ盤「この落語家を聴け!」公演を北沢タウンホールで行いインタビューをまとめたものが『落語家という生き方』(講談社)として書籍化した。プロデュース興行も多数。近著に『噺は生きている 名作落語進化論』(毎日新聞出版)など。

新ニッポンの話芸 ポッドキャスト 第100回 【100回記念 公開録音-1】

1269
8
0
00:25:48
22.08.2014

立川こしら(たてかわ こしら) 1975年生まれ 千葉県出身 1996年5月立川志らくに入門「らく平」 2002年5月二つ目昇進「こしら」 2012年12月真打昇進 落語立川流の落語家として、談志の孫弟子初の真打となる。 落語家らしからぬ見た目と行動力で「立川流の異端児」の異名をとるが、独自の道を開拓し、観客に楽しい落語を提供することに徹底している。アナログからデジタルまで使いこなすマルチクリエイター。WEB製作をおこなう合同会社第プロの設立、ラジオDJの経験、無農薬農業など多角的に活躍。エイベックスよりCDを発売中。「高速落語 R-30(Vol.1〜3)」「真打昇進記念版 高速落語 大ネタ十(じゅう)」「死神」 鈴々舎馬るこ(れいれいしゃ まるこ) 1980年生まれ 山口県出身 2003年5月鈴々舎馬風に入門「馬るこ」 2006年5月二つ目昇進 2017年3月真打昇進 落語協会所属。「落語初心者も落語マニアも大爆笑」をモットーに、"エンターテイメント"として楽しい落語を貪欲に追及する。新作・古典どちらも取り組み、アグレッシブな演目もあるが、確かな技術に裏打ちされた高座は常に成長を続けている。BS日テレ「笑点特大号」若手大喜利、文化放送ラジオ「くにまるジャパン」レギュラー。2010年「さがみはら若手落語家選手権」優勝、2013年「NHK新人演芸大賞」&「読売杯争奪二つ目バトル」優勝。 新ニッポンの話芸ポッドキャストを提案した張本人。安定したMCぶりを発揮している。 三遊亭萬橘 (さんゆうてい まんきつ) 1979年生まれ 愛知県出身 2003年7月三遊亭圓橘に入門「橘つき」 2006年10月二つ目昇進「きつつき」 2013年3月真打昇進4代目「萬橘」襲名 五代目圓楽一門会に所属。円楽党のホープとも称される抜群の実力派。論理的に落語を分析し、独自の演出を加えた高座は奇をてらうことなく、それでいて爆笑を誘う。ポッドキャストであつい議論を展開することも。2007年3月「さがみはら若手落語家選手権」優勝 2014年から3年連続で国立演芸場花形演芸大賞(金賞)、2016年彩の国落語大賞ほか受賞多数。 広瀬和生(ひろせ かずお) 1960年生まれ。埼玉県出身。 へヴィーメタル雑誌「BURRN!」編集長 年に300席以上の高座に接し、現在進行形の「今の落語」の魅力を語る第一人者として知られる。2008年『この落語家を聴け!いま、観ておきたい噺家51人』(アスペクト)を皮切りに、『噺家のはなし』(小学館)『現代落語の基礎知識』(集英社)など、落語に関する著書多数。2012年よりライブ盤「この落語家を聴け!」公演を北沢タウンホールで行いインタビューをまとめたものが『落語家という生き方』(講談社)として書籍化した。プロデュース興行も多数。近著に『噺は生きている 名作落語進化論』(毎日新聞出版)など。

新ニッポンの話芸 ポッドキャスト 第82回 【古典落語とは】

2185
8
0
00:24:41
22.08.2014

立川こしら(たてかわ こしら) 1975年生まれ 千葉県出身 1996年5月立川志らくに入門「らく平」 2002年5月二つ目昇進「こしら」 2012年12月真打昇進 落語立川流の落語家として、談志の孫弟子初の真打となる。 落語家らしからぬ見た目と行動力で「立川流の異端児」の異名をとるが、独自の道を開拓し、観客に楽しい落語を提供することに徹底している。アナログからデジタルまで使いこなすマルチクリエイター。WEB製作をおこなう合同会社第プロの設立、ラジオDJの経験、無農薬農業など多角的に活躍。エイベックスよりCDを発売中。「高速落語 R-30(Vol.1〜3)」「真打昇進記念版 高速落語 大ネタ十(じゅう)」「死神」 鈴々舎馬るこ(れいれいしゃ まるこ) 1980年生まれ 山口県出身 2003年5月鈴々舎馬風に入門「馬るこ」 2006年5月二つ目昇進 2017年3月真打昇進 落語協会所属。「落語初心者も落語マニアも大爆笑」をモットーに、"エンターテイメント"として楽しい落語を貪欲に追及する。新作・古典どちらも取り組み、アグレッシブな演目もあるが、確かな技術に裏打ちされた高座は常に成長を続けている。BS日テレ「笑点特大号」若手大喜利、文化放送ラジオ「くにまるジャパン」レギュラー。2010年「さがみはら若手落語家選手権」優勝、2013年「NHK新人演芸大賞」&「読売杯争奪二つ目バトル」優勝。 新ニッポンの話芸ポッドキャストを提案した張本人。安定したMCぶりを発揮している。 三遊亭萬橘 (さんゆうてい まんきつ) 1979年生まれ 愛知県出身 2003年7月三遊亭圓橘に入門「橘つき」 2006年10月二つ目昇進「きつつき」 2013年3月真打昇進4代目「萬橘」襲名 五代目圓楽一門会に所属。円楽党のホープとも称される抜群の実力派。論理的に落語を分析し、独自の演出を加えた高座は奇をてらうことなく、それでいて爆笑を誘う。ポッドキャストであつい議論を展開することも。2007年3月「さがみはら若手落語家選手権」優勝 2014年から3年連続で国立演芸場花形演芸大賞(金賞)、2016年彩の国落語大賞ほか受賞多数。 広瀬和生(ひろせ かずお) 1960年生まれ。埼玉県出身。 へヴィーメタル雑誌「BURRN!」編集長 年に300席以上の高座に接し、現在進行形の「今の落語」の魅力を語る第一人者として知られる。2008年『この落語家を聴け!いま、観ておきたい噺家51人』(アスペクト)を皮切りに、『噺家のはなし』(小学館)『現代落語の基礎知識』(集英社)など、落語に関する著書多数。2012年よりライブ盤「この落語家を聴け!」公演を北沢タウンホールで行いインタビューをまとめたものが『落語家という生き方』(講談社)として書籍化した。プロデュース興行も多数。近著に『噺は生きている 名作落語進化論』(毎日新聞出版)など。

新ニッポンの話芸 ポッドキャスト 第404回 【落語業界の変化】

2025
18
0
00:36:11
16.07.2020

立川こしら(たてかわ こしら) 1975年生まれ 千葉県出身 1996年5月立川志らくに入門「らく平」 2002年5月二つ目昇進「こしら」 2012年12月真打昇進 落語立川流の落語家として、談志の孫弟子初の真打となる。 落語家らしからぬ見た目と行動力で「立川流の異端児」の異名をとるが、独自の道を開拓し、観客に楽しい落語を提供することに徹底している。アナログからデジタルまで使いこなすマルチクリエイター。WEB製作をおこなう合同会社第プロの設立、ラジオDJの経験、無農薬農業など多角的に活躍。エイベックスよりCDを発売中。「高速落語 R-30(Vol.1〜3)」「真打昇進記念版 高速落語 大ネタ十(じゅう)」「死神」 鈴々舎馬るこ(れいれいしゃ まるこ) 1980年生まれ 山口県出身 2003年5月鈴々舎馬風に入門「馬るこ」 2006年5月二つ目昇進 2017年3月真打昇進 落語協会所属。「落語初心者も落語マニアも大爆笑」をモットーに、"エンターテイメント"として楽しい落語を貪欲に追及する。新作・古典どちらも取り組み、アグレッシブな演目もあるが、確かな技術に裏打ちされた高座は常に成長を続けている。BS日テレ「笑点特大号」若手大喜利、文化放送ラジオ「くにまるジャパン」レギュラー。2010年「さがみはら若手落語家選手権」優勝、2013年「NHK新人演芸大賞」&「読売杯争奪二つ目バトル」優勝。 新ニッポンの話芸ポッドキャストを提案した張本人。安定したMCぶりを発揮している。 三遊亭萬橘 (さんゆうてい まんきつ) 1979年生まれ 愛知県出身 2003年7月三遊亭圓橘に入門「橘つき」 2006年10月二つ目昇進「きつつき」 2013年3月真打昇進4代目「萬橘」襲名 五代目圓楽一門会に所属。円楽党のホープとも称される抜群の実力派。論理的に落語を分析し、独自の演出を加えた高座は奇をてらうことなく、それでいて爆笑を誘う。ポッドキャストであつい議論を展開することも。2007年3月「さがみはら若手落語家選手権」優勝 2014年から3年連続で国立演芸場花形演芸大賞(金賞)、2016年彩の国落語大賞ほか受賞多数。 広瀬和生(ひろせ かずお) 1960年生まれ。埼玉県出身。 へヴィーメタル雑誌「BURRN!」編集長 年に300席以上の高座に接し、現在進行形の「今の落語」の魅力を語る第一人者として知られる。2008年『この落語家を聴け!いま、観ておきたい噺家51人』(アスペクト)を皮切りに、『噺家のはなし』(小学館)『現代落語の基礎知識』(集英社)など、落語に関する著書多数。2012年よりライブ盤「この落語家を聴け!」公演を北沢タウンホールで行いインタビューをまとめたものが『落語家という生き方』(講談社)として書籍化した。プロデュース興行も多数。近著に『噺は生きている 名作落語進化論』(毎日新聞出版)など。

新ニッポンの話芸 ポッドキャスト 第310回 【学校寄席】

1339
15
0
00:22:06
27.09.2018

立川こしら(たてかわ こしら) 1975年生まれ 千葉県出身 1996年5月立川志らくに入門「らく平」 2002年5月二つ目昇進「こしら」 2012年12月真打昇進 落語立川流の落語家として、談志の孫弟子初の真打となる。 落語家らしからぬ見た目と行動力で「立川流の異端児」の異名をとるが、独自の道を開拓し、観客に楽しい落語を提供することに徹底している。アナログからデジタルまで使いこなすマルチクリエイター。WEB製作をおこなう合同会社第プロの設立、ラジオDJの経験、無農薬農業など多角的に活躍。エイベックスよりCDを発売中。「高速落語 R-30(Vol.1〜3)」「真打昇進記念版 高速落語 大ネタ十(じゅう)」「死神」 鈴々舎馬るこ(れいれいしゃ まるこ) 1980年生まれ 山口県出身 2003年5月鈴々舎馬風に入門「馬るこ」 2006年5月二つ目昇進 2017年3月真打昇進 落語協会所属。「落語初心者も落語マニアも大爆笑」をモットーに、"エンターテイメント"として楽しい落語を貪欲に追及する。新作・古典どちらも取り組み、アグレッシブな演目もあるが、確かな技術に裏打ちされた高座は常に成長を続けている。BS日テレ「笑点特大号」若手大喜利、文化放送ラジオ「くにまるジャパン」レギュラー。2010年「さがみはら若手落語家選手権」優勝、2013年「NHK新人演芸大賞」&「読売杯争奪二つ目バトル」優勝。 新ニッポンの話芸ポッドキャストを提案した張本人。安定したMCぶりを発揮している。 三遊亭萬橘 (さんゆうてい まんきつ) 1979年生まれ 愛知県出身 2003年7月三遊亭圓橘に入門「橘つき」 2006年10月二つ目昇進「きつつき」 2013年3月真打昇進4代目「萬橘」襲名 五代目圓楽一門会に所属。円楽党のホープとも称される抜群の実力派。論理的に落語を分析し、独自の演出を加えた高座は奇をてらうことなく、それでいて爆笑を誘う。ポッドキャストであつい議論を展開することも。2007年3月「さがみはら若手落語家選手権」優勝 2014年から3年連続で国立演芸場花形演芸大賞(金賞)、2016年彩の国落語大賞ほか受賞多数。 広瀬和生(ひろせ かずお) 1960年生まれ。埼玉県出身。 へヴィーメタル雑誌「BURRN!」編集長 年に300席以上の高座に接し、現在進行形の「今の落語」の魅力を語る第一人者として知られる。2008年『この落語家を聴け!いま、観ておきたい噺家51人』(アスペクト)を皮切りに、『噺家のはなし』(小学館)『現代落語の基礎知識』(集英社)など、落語に関する著書多数。2012年よりライブ盤「この落語家を聴け!」公演を北沢タウンホールで行いインタビューをまとめたものが『落語家という生き方』(講談社)として書籍化した。プロデュース興行も多数。近著に『噺は生きている 名作落語進化論』(毎日新聞出版)など。

新ニッポンの話芸 ポッドキャスト 第276回 【新ニッポンの話芸 一月公演無事終了】

1681
8
0
00:32:41
01.02.2018

立川こしら(たてかわ こしら) 1975年生まれ 千葉県出身 1996年5月立川志らくに入門「らく平」 2002年5月二つ目昇進「こしら」 2012年12月真打昇進 落語立川流の落語家として、談志の孫弟子初の真打となる。 落語家らしからぬ見た目と行動力で「立川流の異端児」の異名をとるが、独自の道を開拓し、観客に楽しい落語を提供することに徹底している。アナログからデジタルまで使いこなすマルチクリエイター。WEB製作をおこなう合同会社第プロの設立、ラジオDJの経験、無農薬農業など多角的に活躍。エイベックスよりCDを発売中。「高速落語 R-30(Vol.1〜3)」「真打昇進記念版 高速落語 大ネタ十(じゅう)」「死神」 鈴々舎馬るこ(れいれいしゃ まるこ) 1980年生まれ 山口県出身 2003年5月鈴々舎馬風に入門「馬るこ」 2006年5月二つ目昇進 2017年3月真打昇進 落語協会所属。「落語初心者も落語マニアも大爆笑」をモットーに、"エンターテイメント"として楽しい落語を貪欲に追及する。新作・古典どちらも取り組み、アグレッシブな演目もあるが、確かな技術に裏打ちされた高座は常に成長を続けている。BS日テレ「笑点特大号」若手大喜利、文化放送ラジオ「くにまるジャパン」レギュラー。2010年「さがみはら若手落語家選手権」優勝、2013年「NHK新人演芸大賞」&「読売杯争奪二つ目バトル」優勝。 新ニッポンの話芸ポッドキャストを提案した張本人。安定したMCぶりを発揮している。 三遊亭萬橘 (さんゆうてい まんきつ) 1979年生まれ 愛知県出身 2003年7月三遊亭圓橘に入門「橘つき」 2006年10月二つ目昇進「きつつき」 2013年3月真打昇進4代目「萬橘」襲名 五代目圓楽一門会に所属。円楽党のホープとも称される抜群の実力派。論理的に落語を分析し、独自の演出を加えた高座は奇をてらうことなく、それでいて爆笑を誘う。ポッドキャストであつい議論を展開することも。2007年3月「さがみはら若手落語家選手権」優勝 2014年から3年連続で国立演芸場花形演芸大賞(金賞)、2016年彩の国落語大賞ほか受賞多数。 広瀬和生(ひろせ かずお) 1960年生まれ。埼玉県出身。 へヴィーメタル雑誌「BURRN!」編集長 年に300席以上の高座に接し、現在進行形の「今の落語」の魅力を語る第一人者として知られる。2008年『この落語家を聴け!いま、観ておきたい噺家51人』(アスペクト)を皮切りに、『噺家のはなし』(小学館)『現代落語の基礎知識』(集英社)など、落語に関する著書多数。2012年よりライブ盤「この落語家を聴け!」公演を北沢タウンホールで行いインタビューをまとめたものが『落語家という生き方』(講談社)として書籍化した。プロデュース興行も多数。近著に『噺は生きている 名作落語進化論』(毎日新聞出版)など。

新ニッポンの話芸 ポッドキャスト 第246回 【真打の責任】

3400
25
0
00:35:55
06.07.2017

立川こしら(たてかわ こしら) 1975年生まれ 千葉県出身 1996年5月立川志らくに入門「らく平」 2002年5月二つ目昇進「こしら」 2012年12月真打昇進 落語立川流の落語家として、談志の孫弟子初の真打となる。 落語家らしからぬ見た目と行動力で「立川流の異端児」の異名をとるが、独自の道を開拓し、観客に楽しい落語を提供することに徹底している。アナログからデジタルまで使いこなすマルチクリエイター。WEB製作をおこなう合同会社第プロの設立、ラジオDJの経験、無農薬農業など多角的に活躍。エイベックスよりCDを発売中。「高速落語 R-30(Vol.1〜3)」「真打昇進記念版 高速落語 大ネタ十(じゅう)」「死神」 鈴々舎馬るこ(れいれいしゃ まるこ) 1980年生まれ 山口県出身 2003年5月鈴々舎馬風に入門「馬るこ」 2006年5月二つ目昇進 2017年3月真打昇進 落語協会所属。「落語初心者も落語マニアも大爆笑」をモットーに、"エンターテイメント"として楽しい落語を貪欲に追及する。新作・古典どちらも取り組み、アグレッシブな演目もあるが、確かな技術に裏打ちされた高座は常に成長を続けている。BS日テレ「笑点特大号」若手大喜利、文化放送ラジオ「くにまるジャパン」レギュラー。2010年「さがみはら若手落語家選手権」優勝、2013年「NHK新人演芸大賞」&「読売杯争奪二つ目バトル」優勝。 新ニッポンの話芸ポッドキャストを提案した張本人。安定したMCぶりを発揮している。 三遊亭萬橘 (さんゆうてい まんきつ) 1979年生まれ 愛知県出身 2003年7月三遊亭圓橘に入門「橘つき」 2006年10月二つ目昇進「きつつき」 2013年3月真打昇進4代目「萬橘」襲名 五代目圓楽一門会に所属。円楽党のホープとも称される抜群の実力派。論理的に落語を分析し、独自の演出を加えた高座は奇をてらうことなく、それでいて爆笑を誘う。ポッドキャストであつい議論を展開することも。2007年3月「さがみはら若手落語家選手権」優勝 2014年から3年連続で国立演芸場花形演芸大賞(金賞)、2016年彩の国落語大賞ほか受賞多数。 広瀬和生(ひろせ かずお) 1960年生まれ。埼玉県出身。 へヴィーメタル雑誌「BURRN!」編集長 年に300席以上の高座に接し、現在進行形の「今の落語」の魅力を語る第一人者として知られる。2008年『この落語家を聴け!いま、観ておきたい噺家51人』(アスペクト)を皮切りに、『噺家のはなし』(小学館)『現代落語の基礎知識』(集英社)など、落語に関する著書多数。2012年よりライブ盤「この落語家を聴け!」公演を北沢タウンホールで行いインタビューをまとめたものが『落語家という生き方』(講談社)として書籍化した。プロデュース興行も多数。近著に『噺は生きている 名作落語進化論』(毎日新聞出版)など。

新ニッポンの話芸 ポッドキャスト 第180回 【地方の落語事情】

1954
12
0
00:31:59
24.03.2016

立川こしら(たてかわ こしら) 1975年生まれ 千葉県出身 1996年5月立川志らくに入門「らく平」 2002年5月二つ目昇進「こしら」 2012年12月真打昇進 落語立川流の落語家として、談志の孫弟子初の真打となる。 落語家らしからぬ見た目と行動力で「立川流の異端児」の異名をとるが、独自の道を開拓し、観客に楽しい落語を提供することに徹底している。アナログからデジタルまで使いこなすマルチクリエイター。WEB製作をおこなう合同会社第プロの設立、ラジオDJの経験、無農薬農業など多角的に活躍。エイベックスよりCDを発売中。「高速落語 R-30(Vol.1〜3)」「真打昇進記念版 高速落語 大ネタ十(じゅう)」「死神」 鈴々舎馬るこ(れいれいしゃ まるこ) 1980年生まれ 山口県出身 2003年5月鈴々舎馬風に入門「馬るこ」 2006年5月二つ目昇進 2017年3月真打昇進 落語協会所属。「落語初心者も落語マニアも大爆笑」をモットーに、"エンターテイメント"として楽しい落語を貪欲に追及する。新作・古典どちらも取り組み、アグレッシブな演目もあるが、確かな技術に裏打ちされた高座は常に成長を続けている。BS日テレ「笑点特大号」若手大喜利、文化放送ラジオ「くにまるジャパン」レギュラー。2010年「さがみはら若手落語家選手権」優勝、2013年「NHK新人演芸大賞」&「読売杯争奪二つ目バトル」優勝。 新ニッポンの話芸ポッドキャストを提案した張本人。安定したMCぶりを発揮している。 三遊亭萬橘 (さんゆうてい まんきつ) 1979年生まれ 愛知県出身 2003年7月三遊亭圓橘に入門「橘つき」 2006年10月二つ目昇進「きつつき」 2013年3月真打昇進4代目「萬橘」襲名 五代目圓楽一門会に所属。円楽党のホープとも称される抜群の実力派。論理的に落語を分析し、独自の演出を加えた高座は奇をてらうことなく、それでいて爆笑を誘う。ポッドキャストであつい議論を展開することも。2007年3月「さがみはら若手落語家選手権」優勝 2014年から3年連続で国立演芸場花形演芸大賞(金賞)、2016年彩の国落語大賞ほか受賞多数。 広瀬和生(ひろせ かずお) 1960年生まれ。埼玉県出身。 へヴィーメタル雑誌「BURRN!」編集長 年に300席以上の高座に接し、現在進行形の「今の落語」の魅力を語る第一人者として知られる。2008年『この落語家を聴け!いま、観ておきたい噺家51人』(アスペクト)を皮切りに、『噺家のはなし』(小学館)『現代落語の基礎知識』(集英社)など、落語に関する著書多数。2012年よりライブ盤「この落語家を聴け!」公演を北沢タウンホールで行いインタビューをまとめたものが『落語家という生き方』(講談社)として書籍化した。プロデュース興行も多数。近著に『噺は生きている 名作落語進化論』(毎日新聞出版)など。

新ニッポンの話芸 ポッドキャスト 第487回 【笑点の今後】

1913
31
0
00:26:48
17.02.2022

立川こしら(たてかわ こしら) 1975年生まれ 千葉県出身 1996年5月立川志らくに入門「らく平」 2002年5月二つ目昇進「こしら」 2012年12月真打昇進 落語立川流の落語家として、談志の孫弟子初の真打となる。 落語家らしからぬ見た目と行動力で「立川流の異端児」の異名をとるが、独自の道を開拓し、観客に楽しい落語を提供することに徹底している。アナログからデジタルまで使いこなすマルチクリエイター。WEB製作をおこなう合同会社第プロの設立、ラジオDJの経験、無農薬農業など多角的に活躍。エイベックスよりCDを発売中。「高速落語 R-30(Vol.1〜3)」「真打昇進記念版 高速落語 大ネタ十(じゅう)」「死神」 鈴々舎馬るこ(れいれいしゃ まるこ) 1980年生まれ 山口県出身 2003年5月鈴々舎馬風に入門「馬るこ」 2006年5月二つ目昇進 2017年3月真打昇進 落語協会所属。「落語初心者も落語マニアも大爆笑」をモットーに、"エンターテイメント"として楽しい落語を貪欲に追及する。新作・古典どちらも取り組み、アグレッシブな演目もあるが、確かな技術に裏打ちされた高座は常に成長を続けている。BS日テレ「笑点特大号」若手大喜利、文化放送ラジオ「くにまるジャパン」レギュラー。2010年「さがみはら若手落語家選手権」優勝、2013年「NHK新人演芸大賞」&「読売杯争奪二つ目バトル」優勝。 新ニッポンの話芸ポッドキャストを提案した張本人。安定したMCぶりを発揮している。 三遊亭萬橘 (さんゆうてい まんきつ) 1979年生まれ 愛知県出身 2003年7月三遊亭圓橘に入門「橘つき」 2006年10月二つ目昇進「きつつき」 2013年3月真打昇進4代目「萬橘」襲名 五代目圓楽一門会に所属。円楽党のホープとも称される抜群の実力派。論理的に落語を分析し、独自の演出を加えた高座は奇をてらうことなく、それでいて爆笑を誘う。ポッドキャストであつい議論を展開することも。2007年3月「さがみはら若手落語家選手権」優勝 2014年から3年連続で国立演芸場花形演芸大賞(金賞)、2016年彩の国落語大賞ほか受賞多数。 広瀬和生(ひろせ かずお) 1960年生まれ。埼玉県出身。 へヴィーメタル雑誌「BURRN!」編集長 年に300席以上の高座に接し、現在進行形の「今の落語」の魅力を語る第一人者として知られる。2008年『この落語家を聴け!いま、観ておきたい噺家51人』(アスペクト)を皮切りに、『噺家のはなし』(小学館)『現代落語の基礎知識』(集英社)など、落語に関する著書多数。2012年よりライブ盤「この落語家を聴け!」公演を北沢タウンホールで行いインタビューをまとめたものが『落語家という生き方』(講談社)として書籍化した。プロデュース興行も多数。近著に『噺は生きている 名作落語進化論』(毎日新聞出版)など。

新ニッポンの話芸 ポッドキャスト 第299回 【追悼 桂歌丸師匠】

3108
20
0
00:38:16
12.07.2018

立川こしら(たてかわ こしら) 1975年生まれ 千葉県出身 1996年5月立川志らくに入門「らく平」 2002年5月二つ目昇進「こしら」 2012年12月真打昇進 落語立川流の落語家として、談志の孫弟子初の真打となる。 落語家らしからぬ見た目と行動力で「立川流の異端児」の異名をとるが、独自の道を開拓し、観客に楽しい落語を提供することに徹底している。アナログからデジタルまで使いこなすマルチクリエイター。WEB製作をおこなう合同会社第プロの設立、ラジオDJの経験、無農薬農業など多角的に活躍。エイベックスよりCDを発売中。「高速落語 R-30(Vol.1〜3)」「真打昇進記念版 高速落語 大ネタ十(じゅう)」「死神」 鈴々舎馬るこ(れいれいしゃ まるこ) 1980年生まれ 山口県出身 2003年5月鈴々舎馬風に入門「馬るこ」 2006年5月二つ目昇進 2017年3月真打昇進 落語協会所属。「落語初心者も落語マニアも大爆笑」をモットーに、"エンターテイメント"として楽しい落語を貪欲に追及する。新作・古典どちらも取り組み、アグレッシブな演目もあるが、確かな技術に裏打ちされた高座は常に成長を続けている。BS日テレ「笑点特大号」若手大喜利、文化放送ラジオ「くにまるジャパン」レギュラー。2010年「さがみはら若手落語家選手権」優勝、2013年「NHK新人演芸大賞」&「読売杯争奪二つ目バトル」優勝。 新ニッポンの話芸ポッドキャストを提案した張本人。安定したMCぶりを発揮している。 三遊亭萬橘 (さんゆうてい まんきつ) 1979年生まれ 愛知県出身 2003年7月三遊亭圓橘に入門「橘つき」 2006年10月二つ目昇進「きつつき」 2013年3月真打昇進4代目「萬橘」襲名 五代目圓楽一門会に所属。円楽党のホープとも称される抜群の実力派。論理的に落語を分析し、独自の演出を加えた高座は奇をてらうことなく、それでいて爆笑を誘う。ポッドキャストであつい議論を展開することも。2007年3月「さがみはら若手落語家選手権」優勝 2014年から3年連続で国立演芸場花形演芸大賞(金賞)、2016年彩の国落語大賞ほか受賞多数。 広瀬和生(ひろせ かずお) 1960年生まれ。埼玉県出身。 へヴィーメタル雑誌「BURRN!」編集長 年に300席以上の高座に接し、現在進行形の「今の落語」の魅力を語る第一人者として知られる。2008年『この落語家を聴け!いま、観ておきたい噺家51人』(アスペクト)を皮切りに、『噺家のはなし』(小学館)『現代落語の基礎知識』(集英社)など、落語に関する著書多数。2012年よりライブ盤「この落語家を聴け!」公演を北沢タウンホールで行いインタビューをまとめたものが『落語家という生き方』(講談社)として書籍化した。プロデュース興行も多数。近著に『噺は生きている 名作落語進化論』(毎日新聞出版)など。

新ニッポンの話芸 ポッドキャスト 第235回 【どんな真打を目指すか】

1458
12
0
00:21:30
20.04.2017

立川こしら(たてかわ こしら) 1975年生まれ 千葉県出身 1996年5月立川志らくに入門「らく平」 2002年5月二つ目昇進「こしら」 2012年12月真打昇進 落語立川流の落語家として、談志の孫弟子初の真打となる。 落語家らしからぬ見た目と行動力で「立川流の異端児」の異名をとるが、独自の道を開拓し、観客に楽しい落語を提供することに徹底している。アナログからデジタルまで使いこなすマルチクリエイター。WEB製作をおこなう合同会社第プロの設立、ラジオDJの経験、無農薬農業など多角的に活躍。エイベックスよりCDを発売中。「高速落語 R-30(Vol.1〜3)」「真打昇進記念版 高速落語 大ネタ十(じゅう)」「死神」 鈴々舎馬るこ(れいれいしゃ まるこ) 1980年生まれ 山口県出身 2003年5月鈴々舎馬風に入門「馬るこ」 2006年5月二つ目昇進 2017年3月真打昇進 落語協会所属。「落語初心者も落語マニアも大爆笑」をモットーに、"エンターテイメント"として楽しい落語を貪欲に追及する。新作・古典どちらも取り組み、アグレッシブな演目もあるが、確かな技術に裏打ちされた高座は常に成長を続けている。BS日テレ「笑点特大号」若手大喜利、文化放送ラジオ「くにまるジャパン」レギュラー。2010年「さがみはら若手落語家選手権」優勝、2013年「NHK新人演芸大賞」&「読売杯争奪二つ目バトル」優勝。 新ニッポンの話芸ポッドキャストを提案した張本人。安定したMCぶりを発揮している。 三遊亭萬橘 (さんゆうてい まんきつ) 1979年生まれ 愛知県出身 2003年7月三遊亭圓橘に入門「橘つき」 2006年10月二つ目昇進「きつつき」 2013年3月真打昇進4代目「萬橘」襲名 五代目圓楽一門会に所属。円楽党のホープとも称される抜群の実力派。論理的に落語を分析し、独自の演出を加えた高座は奇をてらうことなく、それでいて爆笑を誘う。ポッドキャストであつい議論を展開することも。2007年3月「さがみはら若手落語家選手権」優勝 2014年から3年連続で国立演芸場花形演芸大賞(金賞)、2016年彩の国落語大賞ほか受賞多数。 広瀬和生(ひろせ かずお) 1960年生まれ。埼玉県出身。 へヴィーメタル雑誌「BURRN!」編集長 年に300席以上の高座に接し、現在進行形の「今の落語」の魅力を語る第一人者として知られる。2008年『この落語家を聴け!いま、観ておきたい噺家51人』(アスペクト)を皮切りに、『噺家のはなし』(小学館)『現代落語の基礎知識』(集英社)など、落語に関する著書多数。2012年よりライブ盤「この落語家を聴け!」公演を北沢タウンホールで行いインタビューをまとめたものが『落語家という生き方』(講談社)として書籍化した。プロデュース興行も多数。近著に『噺は生きている 名作落語進化論』(毎日新聞出版)など。

新ニッポンの話芸 ポッドキャスト 第143回 【落語家のしくじり】

3008
15
0
00:31:35
02.07.2015

立川こしら(たてかわ こしら) 1975年生まれ 千葉県出身 1996年5月立川志らくに入門「らく平」 2002年5月二つ目昇進「こしら」 2012年12月真打昇進 落語立川流の落語家として、談志の孫弟子初の真打となる。 落語家らしからぬ見た目と行動力で「立川流の異端児」の異名をとるが、独自の道を開拓し、観客に楽しい落語を提供することに徹底している。アナログからデジタルまで使いこなすマルチクリエイター。WEB製作をおこなう合同会社第プロの設立、ラジオDJの経験、無農薬農業など多角的に活躍。エイベックスよりCDを発売中。「高速落語 R-30(Vol.1〜3)」「真打昇進記念版 高速落語 大ネタ十(じゅう)」「死神」 鈴々舎馬るこ(れいれいしゃ まるこ) 1980年生まれ 山口県出身 2003年5月鈴々舎馬風に入門「馬るこ」 2006年5月二つ目昇進 2017年3月真打昇進 落語協会所属。「落語初心者も落語マニアも大爆笑」をモットーに、"エンターテイメント"として楽しい落語を貪欲に追及する。新作・古典どちらも取り組み、アグレッシブな演目もあるが、確かな技術に裏打ちされた高座は常に成長を続けている。BS日テレ「笑点特大号」若手大喜利、文化放送ラジオ「くにまるジャパン」レギュラー。2010年「さがみはら若手落語家選手権」優勝、2013年「NHK新人演芸大賞」&「読売杯争奪二つ目バトル」優勝。 新ニッポンの話芸ポッドキャストを提案した張本人。安定したMCぶりを発揮している。 三遊亭萬橘 (さんゆうてい まんきつ) 1979年生まれ 愛知県出身 2003年7月三遊亭圓橘に入門「橘つき」 2006年10月二つ目昇進「きつつき」 2013年3月真打昇進4代目「萬橘」襲名 五代目圓楽一門会に所属。円楽党のホープとも称される抜群の実力派。論理的に落語を分析し、独自の演出を加えた高座は奇をてらうことなく、それでいて爆笑を誘う。ポッドキャストであつい議論を展開することも。2007年3月「さがみはら若手落語家選手権」優勝 2014年から3年連続で国立演芸場花形演芸大賞(金賞)、2016年彩の国落語大賞ほか受賞多数。 広瀬和生(ひろせ かずお) 1960年生まれ。埼玉県出身。 へヴィーメタル雑誌「BURRN!」編集長 年に300席以上の高座に接し、現在進行形の「今の落語」の魅力を語る第一人者として知られる。2008年『この落語家を聴け!いま、観ておきたい噺家51人』(アスペクト)を皮切りに、『噺家のはなし』(小学館)『現代落語の基礎知識』(集英社)など、落語に関する著書多数。2012年よりライブ盤「この落語家を聴け!」公演を北沢タウンホールで行いインタビューをまとめたものが『落語家という生き方』(講談社)として書籍化した。プロデュース興行も多数。近著に『噺は生きている 名作落語進化論』(毎日新聞出版)など。

新ニッポンの話芸 ポッドキャスト 第317回 【立川かしめ二つ目内定!】

2104
19
0
00:32:59
15.11.2018

立川こしら(たてかわ こしら) 1975年生まれ 千葉県出身 1996年5月立川志らくに入門「らく平」 2002年5月二つ目昇進「こしら」 2012年12月真打昇進 落語立川流の落語家として、談志の孫弟子初の真打となる。 落語家らしからぬ見た目と行動力で「立川流の異端児」の異名をとるが、独自の道を開拓し、観客に楽しい落語を提供することに徹底している。アナログからデジタルまで使いこなすマルチクリエイター。WEB製作をおこなう合同会社第プロの設立、ラジオDJの経験、無農薬農業など多角的に活躍。エイベックスよりCDを発売中。「高速落語 R-30(Vol.1〜3)」「真打昇進記念版 高速落語 大ネタ十(じゅう)」「死神」 鈴々舎馬るこ(れいれいしゃ まるこ) 1980年生まれ 山口県出身 2003年5月鈴々舎馬風に入門「馬るこ」 2006年5月二つ目昇進 2017年3月真打昇進 落語協会所属。「落語初心者も落語マニアも大爆笑」をモットーに、"エンターテイメント"として楽しい落語を貪欲に追及する。新作・古典どちらも取り組み、アグレッシブな演目もあるが、確かな技術に裏打ちされた高座は常に成長を続けている。BS日テレ「笑点特大号」若手大喜利、文化放送ラジオ「くにまるジャパン」レギュラー。2010年「さがみはら若手落語家選手権」優勝、2013年「NHK新人演芸大賞」&「読売杯争奪二つ目バトル」優勝。 新ニッポンの話芸ポッドキャストを提案した張本人。安定したMCぶりを発揮している。 三遊亭萬橘 (さんゆうてい まんきつ) 1979年生まれ 愛知県出身 2003年7月三遊亭圓橘に入門「橘つき」 2006年10月二つ目昇進「きつつき」 2013年3月真打昇進4代目「萬橘」襲名 五代目圓楽一門会に所属。円楽党のホープとも称される抜群の実力派。論理的に落語を分析し、独自の演出を加えた高座は奇をてらうことなく、それでいて爆笑を誘う。ポッドキャストであつい議論を展開することも。2007年3月「さがみはら若手落語家選手権」優勝 2014年から3年連続で国立演芸場花形演芸大賞(金賞)、2016年彩の国落語大賞ほか受賞多数。 広瀬和生(ひろせ かずお) 1960年生まれ。埼玉県出身。 へヴィーメタル雑誌「BURRN!」編集長 年に300席以上の高座に接し、現在進行形の「今の落語」の魅力を語る第一人者として知られる。2008年『この落語家を聴け!いま、観ておきたい噺家51人』(アスペクト)を皮切りに、『噺家のはなし』(小学館)『現代落語の基礎知識』(集英社)など、落語に関する著書多数。2012年よりライブ盤「この落語家を聴け!」公演を北沢タウンホールで行いインタビューをまとめたものが『落語家という生き方』(講談社)として書籍化した。プロデュース興行も多数。近著に『噺は生きている 名作落語進化論』(毎日新聞出版)など。

新ニッポンの話芸 ポッドキャスト 第392回 【地方のコンプレックス】

1524
21
0
00:25:47
23.04.2020

立川こしら(たてかわ こしら) 1975年生まれ 千葉県出身 1996年5月立川志らくに入門「らく平」 2002年5月二つ目昇進「こしら」 2012年12月真打昇進 落語立川流の落語家として、談志の孫弟子初の真打となる。 落語家らしからぬ見た目と行動力で「立川流の異端児」の異名をとるが、独自の道を開拓し、観客に楽しい落語を提供することに徹底している。アナログからデジタルまで使いこなすマルチクリエイター。WEB製作をおこなう合同会社第プロの設立、ラジオDJの経験、無農薬農業など多角的に活躍。エイベックスよりCDを発売中。「高速落語 R-30(Vol.1〜3)」「真打昇進記念版 高速落語 大ネタ十(じゅう)」「死神」 鈴々舎馬るこ(れいれいしゃ まるこ) 1980年生まれ 山口県出身 2003年5月鈴々舎馬風に入門「馬るこ」 2006年5月二つ目昇進 2017年3月真打昇進 落語協会所属。「落語初心者も落語マニアも大爆笑」をモットーに、"エンターテイメント"として楽しい落語を貪欲に追及する。新作・古典どちらも取り組み、アグレッシブな演目もあるが、確かな技術に裏打ちされた高座は常に成長を続けている。BS日テレ「笑点特大号」若手大喜利、文化放送ラジオ「くにまるジャパン」レギュラー。2010年「さがみはら若手落語家選手権」優勝、2013年「NHK新人演芸大賞」&「読売杯争奪二つ目バトル」優勝。 新ニッポンの話芸ポッドキャストを提案した張本人。安定したMCぶりを発揮している。 三遊亭萬橘 (さんゆうてい まんきつ) 1979年生まれ 愛知県出身 2003年7月三遊亭圓橘に入門「橘つき」 2006年10月二つ目昇進「きつつき」 2013年3月真打昇進4代目「萬橘」襲名 五代目圓楽一門会に所属。円楽党のホープとも称される抜群の実力派。論理的に落語を分析し、独自の演出を加えた高座は奇をてらうことなく、それでいて爆笑を誘う。ポッドキャストであつい議論を展開することも。2007年3月「さがみはら若手落語家選手権」優勝 2014年から3年連続で国立演芸場花形演芸大賞(金賞)、2016年彩の国落語大賞ほか受賞多数。 広瀬和生(ひろせ かずお) 1960年生まれ。埼玉県出身。 へヴィーメタル雑誌「BURRN!」編集長 年に300席以上の高座に接し、現在進行形の「今の落語」の魅力を語る第一人者として知られる。2008年『この落語家を聴け!いま、観ておきたい噺家51人』(アスペクト)を皮切りに、『噺家のはなし』(小学館)『現代落語の基礎知識』(集英社)など、落語に関する著書多数。2012年よりライブ盤「この落語家を聴け!」公演を北沢タウンホールで行いインタビューをまとめたものが『落語家という生き方』(講談社)として書籍化した。プロデュース興行も多数。近著に『噺は生きている 名作落語進化論』(毎日新聞出版)など。

新ニッポンの話芸 ポッドキャスト 第253回 【三題噺/地方公演あれこれ】

2079
15
0
00:34:58
24.08.2017

立川こしら(たてかわ こしら) 1975年生まれ 千葉県出身 1996年5月立川志らくに入門「らく平」 2002年5月二つ目昇進「こしら」 2012年12月真打昇進 落語立川流の落語家として、談志の孫弟子初の真打となる。 落語家らしからぬ見た目と行動力で「立川流の異端児」の異名をとるが、独自の道を開拓し、観客に楽しい落語を提供することに徹底している。アナログからデジタルまで使いこなすマルチクリエイター。WEB製作をおこなう合同会社第プロの設立、ラジオDJの経験、無農薬農業など多角的に活躍。エイベックスよりCDを発売中。「高速落語 R-30(Vol.1〜3)」「真打昇進記念版 高速落語 大ネタ十(じゅう)」「死神」 鈴々舎馬るこ(れいれいしゃ まるこ) 1980年生まれ 山口県出身 2003年5月鈴々舎馬風に入門「馬るこ」 2006年5月二つ目昇進 2017年3月真打昇進 落語協会所属。「落語初心者も落語マニアも大爆笑」をモットーに、"エンターテイメント"として楽しい落語を貪欲に追及する。新作・古典どちらも取り組み、アグレッシブな演目もあるが、確かな技術に裏打ちされた高座は常に成長を続けている。BS日テレ「笑点特大号」若手大喜利、文化放送ラジオ「くにまるジャパン」レギュラー。2010年「さがみはら若手落語家選手権」優勝、2013年「NHK新人演芸大賞」&「読売杯争奪二つ目バトル」優勝。 新ニッポンの話芸ポッドキャストを提案した張本人。安定したMCぶりを発揮している。 三遊亭萬橘 (さんゆうてい まんきつ) 1979年生まれ 愛知県出身 2003年7月三遊亭圓橘に入門「橘つき」 2006年10月二つ目昇進「きつつき」 2013年3月真打昇進4代目「萬橘」襲名 五代目圓楽一門会に所属。円楽党のホープとも称される抜群の実力派。論理的に落語を分析し、独自の演出を加えた高座は奇をてらうことなく、それでいて爆笑を誘う。ポッドキャストであつい議論を展開することも。2007年3月「さがみはら若手落語家選手権」優勝 2014年から3年連続で国立演芸場花形演芸大賞(金賞)、2016年彩の国落語大賞ほか受賞多数。 広瀬和生(ひろせ かずお) 1960年生まれ。埼玉県出身。 へヴィーメタル雑誌「BURRN!」編集長 年に300席以上の高座に接し、現在進行形の「今の落語」の魅力を語る第一人者として知られる。2008年『この落語家を聴け!いま、観ておきたい噺家51人』(アスペクト)を皮切りに、『噺家のはなし』(小学館)『現代落語の基礎知識』(集英社)など、落語に関する著書多数。2012年よりライブ盤「この落語家を聴け!」公演を北沢タウンホールで行いインタビューをまとめたものが『落語家という生き方』(講談社)として書籍化した。プロデュース興行も多数。近著に『噺は生きている 名作落語進化論』(毎日新聞出版)など。

新ニッポンの話芸 ポッドキャスト 第47回 【ゲスト: 三遊亭天どん-2】

2720
14
0
00:28:42
12.08.2014

立川こしら(たてかわ こしら) 1975年生まれ 千葉県出身 1996年5月立川志らくに入門「らく平」 2002年5月二つ目昇進「こしら」 2012年12月真打昇進 落語立川流の落語家として、談志の孫弟子初の真打となる。 落語家らしからぬ見た目と行動力で「立川流の異端児」の異名をとるが、独自の道を開拓し、観客に楽しい落語を提供することに徹底している。アナログからデジタルまで使いこなすマルチクリエイター。WEB製作をおこなう合同会社第プロの設立、ラジオDJの経験、無農薬農業など多角的に活躍。エイベックスよりCDを発売中。「高速落語 R-30(Vol.1〜3)」「真打昇進記念版 高速落語 大ネタ十(じゅう)」「死神」 鈴々舎馬るこ(れいれいしゃ まるこ) 1980年生まれ 山口県出身 2003年5月鈴々舎馬風に入門「馬るこ」 2006年5月二つ目昇進 2017年3月真打昇進 落語協会所属。「落語初心者も落語マニアも大爆笑」をモットーに、"エンターテイメント"として楽しい落語を貪欲に追及する。新作・古典どちらも取り組み、アグレッシブな演目もあるが、確かな技術に裏打ちされた高座は常に成長を続けている。BS日テレ「笑点特大号」若手大喜利、文化放送ラジオ「くにまるジャパン」レギュラー。2010年「さがみはら若手落語家選手権」優勝、2013年「NHK新人演芸大賞」&「読売杯争奪二つ目バトル」優勝。 新ニッポンの話芸ポッドキャストを提案した張本人。安定したMCぶりを発揮している。 三遊亭萬橘 (さんゆうてい まんきつ) 1979年生まれ 愛知県出身 2003年7月三遊亭圓橘に入門「橘つき」 2006年10月二つ目昇進「きつつき」 2013年3月真打昇進4代目「萬橘」襲名 五代目圓楽一門会に所属。円楽党のホープとも称される抜群の実力派。論理的に落語を分析し、独自の演出を加えた高座は奇をてらうことなく、それでいて爆笑を誘う。ポッドキャストであつい議論を展開することも。2007年3月「さがみはら若手落語家選手権」優勝 2014年から3年連続で国立演芸場花形演芸大賞(金賞)、2016年彩の国落語大賞ほか受賞多数。 広瀬和生(ひろせ かずお) 1960年生まれ。埼玉県出身。 へヴィーメタル雑誌「BURRN!」編集長 年に300席以上の高座に接し、現在進行形の「今の落語」の魅力を語る第一人者として知られる。2008年『この落語家を聴け!いま、観ておきたい噺家51人』(アスペクト)を皮切りに、『噺家のはなし』(小学館)『現代落語の基礎知識』(集英社)など、落語に関する著書多数。2012年よりライブ盤「この落語家を聴け!」公演を北沢タウンホールで行いインタビューをまとめたものが『落語家という生き方』(講談社)として書籍化した。プロデュース興行も多数。近著に『噺は生きている 名作落語進化論』(毎日新聞出版)など。

新ニッポンの話芸 ポッドキャスト 第101回 【100回記念 公開録音-2】

1112
9
0
00:30:41
24.08.2014

立川こしら(たてかわ こしら) 1975年生まれ 千葉県出身 1996年5月立川志らくに入門「らく平」 2002年5月二つ目昇進「こしら」 2012年12月真打昇進 落語立川流の落語家として、談志の孫弟子初の真打となる。 落語家らしからぬ見た目と行動力で「立川流の異端児」の異名をとるが、独自の道を開拓し、観客に楽しい落語を提供することに徹底している。アナログからデジタルまで使いこなすマルチクリエイター。WEB製作をおこなう合同会社第プロの設立、ラジオDJの経験、無農薬農業など多角的に活躍。エイベックスよりCDを発売中。「高速落語 R-30(Vol.1〜3)」「真打昇進記念版 高速落語 大ネタ十(じゅう)」「死神」 鈴々舎馬るこ(れいれいしゃ まるこ) 1980年生まれ 山口県出身 2003年5月鈴々舎馬風に入門「馬るこ」 2006年5月二つ目昇進 2017年3月真打昇進 落語協会所属。「落語初心者も落語マニアも大爆笑」をモットーに、"エンターテイメント"として楽しい落語を貪欲に追及する。新作・古典どちらも取り組み、アグレッシブな演目もあるが、確かな技術に裏打ちされた高座は常に成長を続けている。BS日テレ「笑点特大号」若手大喜利、文化放送ラジオ「くにまるジャパン」レギュラー。2010年「さがみはら若手落語家選手権」優勝、2013年「NHK新人演芸大賞」&「読売杯争奪二つ目バトル」優勝。 新ニッポンの話芸ポッドキャストを提案した張本人。安定したMCぶりを発揮している。 三遊亭萬橘 (さんゆうてい まんきつ) 1979年生まれ 愛知県出身 2003年7月三遊亭圓橘に入門「橘つき」 2006年10月二つ目昇進「きつつき」 2013年3月真打昇進4代目「萬橘」襲名 五代目圓楽一門会に所属。円楽党のホープとも称される抜群の実力派。論理的に落語を分析し、独自の演出を加えた高座は奇をてらうことなく、それでいて爆笑を誘う。ポッドキャストであつい議論を展開することも。2007年3月「さがみはら若手落語家選手権」優勝 2014年から3年連続で国立演芸場花形演芸大賞(金賞)、2016年彩の国落語大賞ほか受賞多数。 広瀬和生(ひろせ かずお) 1960年生まれ。埼玉県出身。 へヴィーメタル雑誌「BURRN!」編集長 年に300席以上の高座に接し、現在進行形の「今の落語」の魅力を語る第一人者として知られる。2008年『この落語家を聴け!いま、観ておきたい噺家51人』(アスペクト)を皮切りに、『噺家のはなし』(小学館)『現代落語の基礎知識』(集英社)など、落語に関する著書多数。2012年よりライブ盤「この落語家を聴け!」公演を北沢タウンホールで行いインタビューをまとめたものが『落語家という生き方』(講談社)として書籍化した。プロデュース興行も多数。近著に『噺は生きている 名作落語進化論』(毎日新聞出版)など。

新ニッポンの話芸 ポッドキャスト 第431回 【落語会での役割】

2316
34
0
00:51:07
21.01.2021

立川こしら(たてかわ こしら) 1975年生まれ 千葉県出身 1996年5月立川志らくに入門「らく平」 2002年5月二つ目昇進「こしら」 2012年12月真打昇進 落語立川流の落語家として、談志の孫弟子初の真打となる。 落語家らしからぬ見た目と行動力で「立川流の異端児」の異名をとるが、独自の道を開拓し、観客に楽しい落語を提供することに徹底している。アナログからデジタルまで使いこなすマルチクリエイター。WEB製作をおこなう合同会社第プロの設立、ラジオDJの経験、無農薬農業など多角的に活躍。エイベックスよりCDを発売中。「高速落語 R-30(Vol.1〜3)」「真打昇進記念版 高速落語 大ネタ十(じゅう)」「死神」 鈴々舎馬るこ(れいれいしゃ まるこ) 1980年生まれ 山口県出身 2003年5月鈴々舎馬風に入門「馬るこ」 2006年5月二つ目昇進 2017年3月真打昇進 落語協会所属。「落語初心者も落語マニアも大爆笑」をモットーに、"エンターテイメント"として楽しい落語を貪欲に追及する。新作・古典どちらも取り組み、アグレッシブな演目もあるが、確かな技術に裏打ちされた高座は常に成長を続けている。BS日テレ「笑点特大号」若手大喜利、文化放送ラジオ「くにまるジャパン」レギュラー。2010年「さがみはら若手落語家選手権」優勝、2013年「NHK新人演芸大賞」&「読売杯争奪二つ目バトル」優勝。 新ニッポンの話芸ポッドキャストを提案した張本人。安定したMCぶりを発揮している。 三遊亭萬橘 (さんゆうてい まんきつ) 1979年生まれ 愛知県出身 2003年7月三遊亭圓橘に入門「橘つき」 2006年10月二つ目昇進「きつつき」 2013年3月真打昇進4代目「萬橘」襲名 五代目圓楽一門会に所属。円楽党のホープとも称される抜群の実力派。論理的に落語を分析し、独自の演出を加えた高座は奇をてらうことなく、それでいて爆笑を誘う。ポッドキャストであつい議論を展開することも。2007年3月「さがみはら若手落語家選手権」優勝 2014年から3年連続で国立演芸場花形演芸大賞(金賞)、2016年彩の国落語大賞ほか受賞多数。 広瀬和生(ひろせ かずお) 1960年生まれ。埼玉県出身。 へヴィーメタル雑誌「BURRN!」編集長 年に300席以上の高座に接し、現在進行形の「今の落語」の魅力を語る第一人者として知られる。2008年『この落語家を聴け!いま、観ておきたい噺家51人』(アスペクト)を皮切りに、『噺家のはなし』(小学館)『現代落語の基礎知識』(集英社)など、落語に関する著書多数。2012年よりライブ盤「この落語家を聴け!」公演を北沢タウンホールで行いインタビューをまとめたものが『落語家という生き方』(講談社)として書籍化した。プロデュース興行も多数。近著に『噺は生きている 名作落語進化論』(毎日新聞出版)など。

新ニッポンの話芸 ポッドキャスト 第80回 【ゲスト: 立川笑二-3】

2237
6
0
00:26:05
22.08.2014

立川こしら(たてかわ こしら) 1975年生まれ 千葉県出身 1996年5月立川志らくに入門「らく平」 2002年5月二つ目昇進「こしら」 2012年12月真打昇進 落語立川流の落語家として、談志の孫弟子初の真打となる。 落語家らしからぬ見た目と行動力で「立川流の異端児」の異名をとるが、独自の道を開拓し、観客に楽しい落語を提供することに徹底している。アナログからデジタルまで使いこなすマルチクリエイター。WEB製作をおこなう合同会社第プロの設立、ラジオDJの経験、無農薬農業など多角的に活躍。エイベックスよりCDを発売中。「高速落語 R-30(Vol.1〜3)」「真打昇進記念版 高速落語 大ネタ十(じゅう)」「死神」 鈴々舎馬るこ(れいれいしゃ まるこ) 1980年生まれ 山口県出身 2003年5月鈴々舎馬風に入門「馬るこ」 2006年5月二つ目昇進 2017年3月真打昇進 落語協会所属。「落語初心者も落語マニアも大爆笑」をモットーに、"エンターテイメント"として楽しい落語を貪欲に追及する。新作・古典どちらも取り組み、アグレッシブな演目もあるが、確かな技術に裏打ちされた高座は常に成長を続けている。BS日テレ「笑点特大号」若手大喜利、文化放送ラジオ「くにまるジャパン」レギュラー。2010年「さがみはら若手落語家選手権」優勝、2013年「NHK新人演芸大賞」&「読売杯争奪二つ目バトル」優勝。 新ニッポンの話芸ポッドキャストを提案した張本人。安定したMCぶりを発揮している。 三遊亭萬橘 (さんゆうてい まんきつ) 1979年生まれ 愛知県出身 2003年7月三遊亭圓橘に入門「橘つき」 2006年10月二つ目昇進「きつつき」 2013年3月真打昇進4代目「萬橘」襲名 五代目圓楽一門会に所属。円楽党のホープとも称される抜群の実力派。論理的に落語を分析し、独自の演出を加えた高座は奇をてらうことなく、それでいて爆笑を誘う。ポッドキャストであつい議論を展開することも。2007年3月「さがみはら若手落語家選手権」優勝 2014年から3年連続で国立演芸場花形演芸大賞(金賞)、2016年彩の国落語大賞ほか受賞多数。 広瀬和生(ひろせ かずお) 1960年生まれ。埼玉県出身。 へヴィーメタル雑誌「BURRN!」編集長 年に300席以上の高座に接し、現在進行形の「今の落語」の魅力を語る第一人者として知られる。2008年『この落語家を聴け!いま、観ておきたい噺家51人』(アスペクト)を皮切りに、『噺家のはなし』(小学館)『現代落語の基礎知識』(集英社)など、落語に関する著書多数。2012年よりライブ盤「この落語家を聴け!」公演を北沢タウンホールで行いインタビューをまとめたものが『落語家という生き方』(講談社)として書籍化した。プロデュース興行も多数。近著に『噺は生きている 名作落語進化論』(毎日新聞出版)など。

新ニッポンの話芸 ポッドキャスト 第97回 【出入り禁止】

4469
18
0
00:24:08
22.08.2014

立川こしら(たてかわ こしら) 1975年生まれ 千葉県出身 1996年5月立川志らくに入門「らく平」 2002年5月二つ目昇進「こしら」 2012年12月真打昇進 落語立川流の落語家として、談志の孫弟子初の真打となる。 落語家らしからぬ見た目と行動力で「立川流の異端児」の異名をとるが、独自の道を開拓し、観客に楽しい落語を提供することに徹底している。アナログからデジタルまで使いこなすマルチクリエイター。WEB製作をおこなう合同会社第プロの設立、ラジオDJの経験、無農薬農業など多角的に活躍。エイベックスよりCDを発売中。「高速落語 R-30(Vol.1〜3)」「真打昇進記念版 高速落語 大ネタ十(じゅう)」「死神」 鈴々舎馬るこ(れいれいしゃ まるこ) 1980年生まれ 山口県出身 2003年5月鈴々舎馬風に入門「馬るこ」 2006年5月二つ目昇進 2017年3月真打昇進 落語協会所属。「落語初心者も落語マニアも大爆笑」をモットーに、"エンターテイメント"として楽しい落語を貪欲に追及する。新作・古典どちらも取り組み、アグレッシブな演目もあるが、確かな技術に裏打ちされた高座は常に成長を続けている。BS日テレ「笑点特大号」若手大喜利、文化放送ラジオ「くにまるジャパン」レギュラー。2010年「さがみはら若手落語家選手権」優勝、2013年「NHK新人演芸大賞」&「読売杯争奪二つ目バトル」優勝。 新ニッポンの話芸ポッドキャストを提案した張本人。安定したMCぶりを発揮している。 三遊亭萬橘 (さんゆうてい まんきつ) 1979年生まれ 愛知県出身 2003年7月三遊亭圓橘に入門「橘つき」 2006年10月二つ目昇進「きつつき」 2013年3月真打昇進4代目「萬橘」襲名 五代目圓楽一門会に所属。円楽党のホープとも称される抜群の実力派。論理的に落語を分析し、独自の演出を加えた高座は奇をてらうことなく、それでいて爆笑を誘う。ポッドキャストであつい議論を展開することも。2007年3月「さがみはら若手落語家選手権」優勝 2014年から3年連続で国立演芸場花形演芸大賞(金賞)、2016年彩の国落語大賞ほか受賞多数。 広瀬和生(ひろせ かずお) 1960年生まれ。埼玉県出身。 へヴィーメタル雑誌「BURRN!」編集長 年に300席以上の高座に接し、現在進行形の「今の落語」の魅力を語る第一人者として知られる。2008年『この落語家を聴け!いま、観ておきたい噺家51人』(アスペクト)を皮切りに、『噺家のはなし』(小学館)『現代落語の基礎知識』(集英社)など、落語に関する著書多数。2012年よりライブ盤「この落語家を聴け!」公演を北沢タウンホールで行いインタビューをまとめたものが『落語家という生き方』(講談社)として書籍化した。プロデュース興行も多数。近著に『噺は生きている 名作落語進化論』(毎日新聞出版)など。

新ニッポンの話芸 ポッドキャスト 第57回 【NHK新人演芸大賞決勝への戦略】

1261
7
0
00:22:45
12.08.2014

立川こしら(たてかわ こしら) 1975年生まれ 千葉県出身 1996年5月立川志らくに入門「らく平」 2002年5月二つ目昇進「こしら」 2012年12月真打昇進 落語立川流の落語家として、談志の孫弟子初の真打となる。 落語家らしからぬ見た目と行動力で「立川流の異端児」の異名をとるが、独自の道を開拓し、観客に楽しい落語を提供することに徹底している。アナログからデジタルまで使いこなすマルチクリエイター。WEB製作をおこなう合同会社第プロの設立、ラジオDJの経験、無農薬農業など多角的に活躍。エイベックスよりCDを発売中。「高速落語 R-30(Vol.1〜3)」「真打昇進記念版 高速落語 大ネタ十(じゅう)」「死神」 鈴々舎馬るこ(れいれいしゃ まるこ) 1980年生まれ 山口県出身 2003年5月鈴々舎馬風に入門「馬るこ」 2006年5月二つ目昇進 2017年3月真打昇進 落語協会所属。「落語初心者も落語マニアも大爆笑」をモットーに、"エンターテイメント"として楽しい落語を貪欲に追及する。新作・古典どちらも取り組み、アグレッシブな演目もあるが、確かな技術に裏打ちされた高座は常に成長を続けている。BS日テレ「笑点特大号」若手大喜利、文化放送ラジオ「くにまるジャパン」レギュラー。2010年「さがみはら若手落語家選手権」優勝、2013年「NHK新人演芸大賞」&「読売杯争奪二つ目バトル」優勝。 新ニッポンの話芸ポッドキャストを提案した張本人。安定したMCぶりを発揮している。 三遊亭萬橘 (さんゆうてい まんきつ) 1979年生まれ 愛知県出身 2003年7月三遊亭圓橘に入門「橘つき」 2006年10月二つ目昇進「きつつき」 2013年3月真打昇進4代目「萬橘」襲名 五代目圓楽一門会に所属。円楽党のホープとも称される抜群の実力派。論理的に落語を分析し、独自の演出を加えた高座は奇をてらうことなく、それでいて爆笑を誘う。ポッドキャストであつい議論を展開することも。2007年3月「さがみはら若手落語家選手権」優勝 2014年から3年連続で国立演芸場花形演芸大賞(金賞)、2016年彩の国落語大賞ほか受賞多数。 広瀬和生(ひろせ かずお) 1960年生まれ。埼玉県出身。 へヴィーメタル雑誌「BURRN!」編集長 年に300席以上の高座に接し、現在進行形の「今の落語」の魅力を語る第一人者として知られる。2008年『この落語家を聴け!いま、観ておきたい噺家51人』(アスペクト)を皮切りに、『噺家のはなし』(小学館)『現代落語の基礎知識』(集英社)など、落語に関する著書多数。2012年よりライブ盤「この落語家を聴け!」公演を北沢タウンホールで行いインタビューをまとめたものが『落語家という生き方』(講談社)として書籍化した。プロデュース興行も多数。近著に『噺は生きている 名作落語進化論』(毎日新聞出版)など。

06 天才ピアニスト 道頓堀リバーフェスティバル 第11回 関西演芸しゃべくり話芸大賞 優勝決定戦

89222
713
37
00:07:35
21.10.2022

道頓堀リバーフェスティバル 第11回 関西演芸しゃべくり話芸大賞 優勝決定戦 エントリーNo.06 天才ピアニスト

第7回関西演芸しゃべくり話芸大賞 #9 マルセイユ

32516
401
39
00:07:51
31.10.2018

道頓堀リバーフェスティバル 第7回関西演芸しゃべくり話芸大賞 優勝決定戦 #9 マルセイユ

新ニッポンの話芸 ポッドキャスト 第335回 【真っ当な落語家とは】

3274
27
0
00:39:15
21.03.2019

立川こしら(たてかわ こしら) 1975年生まれ 千葉県出身 1996年5月立川志らくに入門「らく平」 2002年5月二つ目昇進「こしら」 2012年12月真打昇進 落語立川流の落語家として、談志の孫弟子初の真打となる。 落語家らしからぬ見た目と行動力で「立川流の異端児」の異名をとるが、独自の道を開拓し、観客に楽しい落語を提供することに徹底している。アナログからデジタルまで使いこなすマルチクリエイター。WEB製作をおこなう合同会社第プロの設立、ラジオDJの経験、無農薬農業など多角的に活躍。エイベックスよりCDを発売中。「高速落語 R-30(Vol.1〜3)」「真打昇進記念版 高速落語 大ネタ十(じゅう)」「死神」 鈴々舎馬るこ(れいれいしゃ まるこ) 1980年生まれ 山口県出身 2003年5月鈴々舎馬風に入門「馬るこ」 2006年5月二つ目昇進 2017年3月真打昇進 落語協会所属。「落語初心者も落語マニアも大爆笑」をモットーに、"エンターテイメント"として楽しい落語を貪欲に追及する。新作・古典どちらも取り組み、アグレッシブな演目もあるが、確かな技術に裏打ちされた高座は常に成長を続けている。BS日テレ「笑点特大号」若手大喜利、文化放送ラジオ「くにまるジャパン」レギュラー。2010年「さがみはら若手落語家選手権」優勝、2013年「NHK新人演芸大賞」&「読売杯争奪二つ目バトル」優勝。 新ニッポンの話芸ポッドキャストを提案した張本人。安定したMCぶりを発揮している。 三遊亭萬橘 (さんゆうてい まんきつ) 1979年生まれ 愛知県出身 2003年7月三遊亭圓橘に入門「橘つき」 2006年10月二つ目昇進「きつつき」 2013年3月真打昇進4代目「萬橘」襲名 五代目圓楽一門会に所属。円楽党のホープとも称される抜群の実力派。論理的に落語を分析し、独自の演出を加えた高座は奇をてらうことなく、それでいて爆笑を誘う。ポッドキャストであつい議論を展開することも。2007年3月「さがみはら若手落語家選手権」優勝 2014年から3年連続で国立演芸場花形演芸大賞(金賞)、2016年彩の国落語大賞ほか受賞多数。 広瀬和生(ひろせ かずお) 1960年生まれ。埼玉県出身。 へヴィーメタル雑誌「BURRN!」編集長 年に300席以上の高座に接し、現在進行形の「今の落語」の魅力を語る第一人者として知られる。2008年『この落語家を聴け!いま、観ておきたい噺家51人』(アスペクト)を皮切りに、『噺家のはなし』(小学館)『現代落語の基礎知識』(集英社)など、落語に関する著書多数。2012年よりライブ盤「この落語家を聴け!」公演を北沢タウンホールで行いインタビューをまとめたものが『落語家という生き方』(講談社)として書籍化した。プロデュース興行も多数。近著に『噺は生きている 名作落語進化論』(毎日新聞出版)など。

新ニッポンの話芸 ポッドキャスト 第55回 【高座からお客さんをどう見ているか】

1700
7
0
00:23:07
12.08.2014

立川こしら(たてかわ こしら) 1975年生まれ 千葉県出身 1996年5月立川志らくに入門「らく平」 2002年5月二つ目昇進「こしら」 2012年12月真打昇進 落語立川流の落語家として、談志の孫弟子初の真打となる。 落語家らしからぬ見た目と行動力で「立川流の異端児」の異名をとるが、独自の道を開拓し、観客に楽しい落語を提供することに徹底している。アナログからデジタルまで使いこなすマルチクリエイター。WEB製作をおこなう合同会社第プロの設立、ラジオDJの経験、無農薬農業など多角的に活躍。エイベックスよりCDを発売中。「高速落語 R-30(Vol.1〜3)」「真打昇進記念版 高速落語 大ネタ十(じゅう)」「死神」 鈴々舎馬るこ(れいれいしゃ まるこ) 1980年生まれ 山口県出身 2003年5月鈴々舎馬風に入門「馬るこ」 2006年5月二つ目昇進 2017年3月真打昇進 落語協会所属。「落語初心者も落語マニアも大爆笑」をモットーに、"エンターテイメント"として楽しい落語を貪欲に追及する。新作・古典どちらも取り組み、アグレッシブな演目もあるが、確かな技術に裏打ちされた高座は常に成長を続けている。BS日テレ「笑点特大号」若手大喜利、文化放送ラジオ「くにまるジャパン」レギュラー。2010年「さがみはら若手落語家選手権」優勝、2013年「NHK新人演芸大賞」&「読売杯争奪二つ目バトル」優勝。 新ニッポンの話芸ポッドキャストを提案した張本人。安定したMCぶりを発揮している。 三遊亭萬橘 (さんゆうてい まんきつ) 1979年生まれ 愛知県出身 2003年7月三遊亭圓橘に入門「橘つき」 2006年10月二つ目昇進「きつつき」 2013年3月真打昇進4代目「萬橘」襲名 五代目圓楽一門会に所属。円楽党のホープとも称される抜群の実力派。論理的に落語を分析し、独自の演出を加えた高座は奇をてらうことなく、それでいて爆笑を誘う。ポッドキャストであつい議論を展開することも。2007年3月「さがみはら若手落語家選手権」優勝 2014年から3年連続で国立演芸場花形演芸大賞(金賞)、2016年彩の国落語大賞ほか受賞多数。 広瀬和生(ひろせ かずお) 1960年生まれ。埼玉県出身。 へヴィーメタル雑誌「BURRN!」編集長 年に300席以上の高座に接し、現在進行形の「今の落語」の魅力を語る第一人者として知られる。2008年『この落語家を聴け!いま、観ておきたい噺家51人』(アスペクト)を皮切りに、『噺家のはなし』(小学館)『現代落語の基礎知識』(集英社)など、落語に関する著書多数。2012年よりライブ盤「この落語家を聴け!」公演を北沢タウンホールで行いインタビューをまとめたものが『落語家という生き方』(講談社)として書籍化した。プロデュース興行も多数。近著に『噺は生きている 名作落語進化論』(毎日新聞出版)など。

新ニッポンの話芸 ポッドキャスト 第414回 【じゅげむ杯講評】

1372
15
0
00:37:16
24.09.2020

立川こしら(たてかわ こしら) 1975年生まれ 千葉県出身 1996年5月立川志らくに入門「らく平」 2002年5月二つ目昇進「こしら」 2012年12月真打昇進 落語立川流の落語家として、談志の孫弟子初の真打となる。 落語家らしからぬ見た目と行動力で「立川流の異端児」の異名をとるが、独自の道を開拓し、観客に楽しい落語を提供することに徹底している。アナログからデジタルまで使いこなすマルチクリエイター。WEB製作をおこなう合同会社第プロの設立、ラジオDJの経験、無農薬農業など多角的に活躍。エイベックスよりCDを発売中。「高速落語 R-30(Vol.1〜3)」「真打昇進記念版 高速落語 大ネタ十(じゅう)」「死神」 鈴々舎馬るこ(れいれいしゃ まるこ) 1980年生まれ 山口県出身 2003年5月鈴々舎馬風に入門「馬るこ」 2006年5月二つ目昇進 2017年3月真打昇進 落語協会所属。「落語初心者も落語マニアも大爆笑」をモットーに、"エンターテイメント"として楽しい落語を貪欲に追及する。新作・古典どちらも取り組み、アグレッシブな演目もあるが、確かな技術に裏打ちされた高座は常に成長を続けている。BS日テレ「笑点特大号」若手大喜利、文化放送ラジオ「くにまるジャパン」レギュラー。2010年「さがみはら若手落語家選手権」優勝、2013年「NHK新人演芸大賞」&「読売杯争奪二つ目バトル」優勝。 新ニッポンの話芸ポッドキャストを提案した張本人。安定したMCぶりを発揮している。 三遊亭萬橘 (さんゆうてい まんきつ) 1979年生まれ 愛知県出身 2003年7月三遊亭圓橘に入門「橘つき」 2006年10月二つ目昇進「きつつき」 2013年3月真打昇進4代目「萬橘」襲名 五代目圓楽一門会に所属。円楽党のホープとも称される抜群の実力派。論理的に落語を分析し、独自の演出を加えた高座は奇をてらうことなく、それでいて爆笑を誘う。ポッドキャストであつい議論を展開することも。2007年3月「さがみはら若手落語家選手権」優勝 2014年から3年連続で国立演芸場花形演芸大賞(金賞)、2016年彩の国落語大賞ほか受賞多数。 広瀬和生(ひろせ かずお) 1960年生まれ。埼玉県出身。 へヴィーメタル雑誌「BURRN!」編集長 年に300席以上の高座に接し、現在進行形の「今の落語」の魅力を語る第一人者として知られる。2008年『この落語家を聴け!いま、観ておきたい噺家51人』(アスペクト)を皮切りに、『噺家のはなし』(小学館)『現代落語の基礎知識』(集英社)など、落語に関する著書多数。2012年よりライブ盤「この落語家を聴け!」公演を北沢タウンホールで行いインタビューをまとめたものが『落語家という生き方』(講談社)として書籍化した。プロデュース興行も多数。近著に『噺は生きている 名作落語進化論』(毎日新聞出版)など。

Назад
Что ищут прямо сейчас на
話芸 pi symbolic link 猟師 FNF B3 Remix wavy wayne Layer2 PN结 repair meid camping schweden kde 5.25 Flask LuckRa 演武 阿岩 Aung Saw Suu Kyi 21 july 探月 redrawing fnf FREEZE